ホワイトニング

ホワイトニング

歯の色とホワイトニングのメカニズム

口元は顔の印象を左右する重要なパーツです。そんな大事な歯が黄ばんだりしていませんか?
人の歯は加齢や口にする食品、タバコのヤニなどによって次第に黄ばんでくるもの。もし、ご自身の歯の黄ばみや着色汚れを気にして人と会うことを億劫に感じているなら、それはとてももったいないことです。ホワイトニングで歯本来の白さをよみがえらせて、白く輝く明るい笑顔を取り戻してみませんか?
このような歯を薬の力で白くする方法が「ホワイトニング」です。ホワイトニングは歯を削らない、麻酔をしない、痛くない、という多くのメリットがある治療法です。
しかしながら、ホワイトニングで得られる歯の白さはあくまで、その方の歯の色合いから徐々に白くなりますので、残念ながら真っ白にはならない方もいらっしゃいます。
どのくらい白くなるかは個人差がありますが、ホワイトニング剤に特定の光を当てることによって歯の内側から個人の持っている歯の色素を分解することによって本来の歯の色を明るくするようになっています。

ホワイトニングの適応症


  • 日常の嗜好品(コーヒー、お茶、カレーなど)による着色
  • 加齢による着色
  • テトラサイクリンによる変色(中程度まで)
  • 遺伝的な黄ばみ

ホワイトニングの方法

ホワイトニング剤

家で行うホームホワイトニング、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、の方法があります。
当院では、患者さんの希望や歯の状態に合ったホワイトニング方法をご提案し、同意されてからホワイトニング治療をおこなっています。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは忙しい方や、自分でやるのが面倒な方に最適です。ホームホワイトニングよりも、早く効果がでるので、とにかく早く歯を白くしたいという方にお勧めです。ただし、色調により効果が出にくい場合もあれば、一目で白くなったと実感できる場合もあり、さまざまです。ほとんどの場合は、1日で『歯が白くなった』と実感していただけます。

ホームホワイトニング

患者さん専用の歯形に合わせたマウスピースを作り、自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着して、歯を白くしていく方法です。低濃度の薬剤を使いますので、長時間かけてじっくりと白くしていく必要があります。時間をかける分薬剤が深くまで浸透しますので、オフィスホワイトニングよりも、効果が持続することが特徴です。
※マウスピース装着中は飲食ができませんので、就寝中の装着をおすすめしています。

ホームホワイトニングに適していない方

ホームホワイトニングは安心して使用できるお手軽な方法ですが、その中でも行ってはいけない方も存在します。望む結果を得られるよう、まずは自分が該当していないか必ずチェックしましょう。

  • 妊婦さん:妊娠中は体内のホルモンバランスが崩れているため、体調に影響が全くないとも言えません。薬剤が直接害となることはありませんが、念には念をいれましょう。
  • 虫歯がある方:薬剤によってしみたり、悪化させてしまう懸念があります。
  • 歯並びが極端に悪い方:マウスピースを装着できない可能性があります。
  • 歯周病の方:歯茎がはれたり下がってしまっている場合、優先すべき順番は歯周病の治療になります。歯周病を放置して抜歯しなければならなくなってしまうと、元も子もありません。
  • 幼少期にテトラサイクリン系抗生物質の薬を飲んでいて、歯がグレーになっている方:歯の形成時に色素が沈着してしまっているため、効果を実感できません。

ホワイトニングQ&A

Q. ホワイトニング後の色戻りはおきてしまうのでしょうか?

A. 基本的にホワイトニングは一生もつものではありません。
だいたい半年くらいで色がもどりはじめます。
ヘビースモーカーで、しかもコーヒー好きとなると、もっと早く戻り始めます。よって個人差があります。

Q. 効果を持続させるためには、どのようなケアが必要ですか?

A. ホワイトニングをした直後30分〜1時間は飲食をしてはいけません。
ホワイトニングの効果を最大にするため、期間中は着色性の強い飲食物は取らないようにしましょう。
ホームホワイトニング毎日続けた場合、通常は約2週間で目に見える効果が表れます。安定した結果を得るためには、さらに1~2週間続けてください。
ジェルはきちんとキャップをし、冷暗所で保管してください。
(冷蔵庫で保管しても大丈夫ですが、凍らせないようご注意ください。)ジェルのご使用期限は、ご購入から1年です。
日ごろから歯磨きをしっかり行うことが、白さを保つポイントです。

≪使用期間中控えたい食べ物や飲み物≫

飲み物:コーヒー・紅茶・烏龍茶・抹茶・赤ワイン・ベリー系ジュース・コーラ・ココア
食べ物:カレー・ミートソース・キムチ・コチュジャン・豆板醤・チョコ・醤油・ソース・味噌・ケチャップ・からし・わさび・その他色の濃いもの・合成着色料が入ったもの その他:たばこ・うがい薬・口紅・色付き歯磨き粉

Q. ホワイトニングをすることで歯に問題はないのでしょうか?

A. 少ししみることがありますが、痛みを感じることはほとんどありません。
ホワイトニングによる知覚過敏には個人差があります。
歯の質(歯の厚みや亀裂など)によって、まったくしみない方もいれば、一時的にしみる症状がでる方もいます。ホワイトニング中やホワイトニング直後に表れるこのような症状は、あくまで一時的なものなので心配はありません。
ホワイトニング時間を短くすること、治療後にフッ素を塗ることで、症状を抑えることができます。

ページトップへ