口腔外科

口腔外科

口腔外科というと「歯科」ではなく「医科」ではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は「歯科」の分野に属しています。通常行っている虫歯治療歯周病治療予防歯科審美歯科などと同列に、歯科医院で対応できる診療メニューなのです。また、外科手術が必要なインプラント治療も、口腔外科の範ちゅうです。

口腔外科では、お口の内外のあらゆるトラブルに対応します。歯や歯茎、粘膜、舌などといったお口の中の組織はもちろん、顎関節やお顔の骨格・筋肉などに起こった問題にも適切な処置が行えます。
「お口まわりに関するトラブルは、どこへ相談したらいいの?」とお困りなら、まずは口腔外科を受診してみましょう。

当院の口腔外科の特徴

歯科用CT

当院では口腔外科領域の治療として、親知らずの抜歯、埋伏歯の摘出、顎嚢胞の摘出などの小オペ治療を行います。CT装置を完備しているので治療の適応が広がります。また顎骨病変や軟組織疾患などの、診断に専門知識が必要な病変も、わかりにくい疾患も、決して見逃しません。難しい病名などもわかりやすくご説明いたします。
また都立駒込病院・大学病院など連携しておりますので、安心して治療をお受けいただけると思います。

口腔外科で取り扱う疾患

親知らずの抜歯

正しく生えている親知らずなら、抜歯する必要はありません。しかし、まっすぐ生え揃い、虫歯にもならず、噛み合う歯も正常であるというケースは、現代ではむしろ珍しいといえるかもしれません。食生活の変化などによって現代人の顎は細く(小さく)なっており、親知らずがきれいに生えそろうには不十分であることが多いからです。そのため、横向きや斜め向きに生えてきたり、周囲の歯や組織を圧迫したりしてさまざまなトラブルを招いてしまいます。
このように正常に生えていない親知らずは、抜歯されるケースがほとんど。ただし、抜歯するかどうかは歯科医の適切な診断にもとづく必要があります。奥歯に痛みや違和感などの症状があるなら、お早めに当院へご相談ください。

小帯切除

下の唇を指でつまんで引っ張ると、上唇と下唇の中央にそれぞれ帯状の筋が見られます。これが「小帯」です(上唇側を上唇小帯、下唇側を下唇小帯と呼びます)。一般的に乳幼児の小帯は厚すぎたり長すぎたりするケースも多くあり、小帯が歯の間を越えて歯茎の裏側まで入り込んでしまうと、前歯の真ん中にすき間ができて見た目が悪くなったり正しい発音ができなくなったりすることがあります。 経過観察によって改善が見られない場合は、厚すぎたり長すぎたりする小帯を切除します。小帯切除によって、滑舌の改善も期待できます。

顎関節症の治療

顎関節症は、「口を開けようとしたときに痛みがある」「顎を動かすと音がする」「大きく口を開けられない」といった顎運動の異常に関する症状の総称です。要因はさまざまですが、姿勢の悪さ、噛み合わせの乱れ、歯ぎしりや食いしばりなどが複合的に組み合わさって引き起こされると考えられています。
顎関節症の治療は家庭療法が中心で、症状を緩和・解消するために就寝時や運動時、食事の際に気をつけることをアドバイスいたします。なお、噛み合わせの問題が大きいケースでは、不適切な補綴物(入れ歯や詰め物・被せ物など)の修復・調整・交換などを行います。

歯根のう胞の摘出

治療で取り除ききれなかった細菌が根管の内部で繁殖すると、歯根の先端部に「歯根のう胞」という袋状の病変が発生することがあります。この歯根のう胞は放置すると痛みや腫れ、蓄膿症などの症状を招くことから、歯肉を切開し、骨に穴を開けて摘出する手術を行わなければなりません。歯根のう胞を摘出した歯は残しておくと危険なこともあるため、状態によっては抜歯することになります。

歯牙移植・再植

不要な歯を抜き、必要なところに移植する方法です。歯周病などの病気にかかっておらず歯根膜が健康な状態で残っていることなどいくつかの条件はありますが、自身の歯を使うため生体へのなじみがよく、拒絶反応が起こりにくくいのが特長です。インプラントや入れ歯と同様に、歯を失ってしまった場合の治療法として用いられます。
再植は歯牙移植とやや似ていますが、こちらは事故などによって抜けてしまった歯、治療に際して意図的に抜いた歯などをもとの位置に植え込む手術です。長期にわたる根管治療や、根管治療では病巣を治すことが難しい場合などに行われます。事故などで歯が抜けてしまったら、できるだけ早く当院へお越しください。

顎口腔の炎症と腫瘍

炎症は、有害な刺激に対する生体の防御反応であり、それがさまざまな症状となって現れたものです。そして口に生じる炎症は、歯を原因とするものと、そうでないものとがあります。 歯を原因とする場合、歯根の先や歯の周囲から細菌が侵入して感染することにより、歯肉などに炎症が生じます。原因となった歯の治療をしないと、再発したり、顎に炎症が広がって重症化することがあります。 歯を原因としない場合、舌、頬、唇などの口の粘膜に炎症が生じます。一般的に「口内炎」と呼ばれているもので、腫れはほとんど見られません。

口腔外傷とは

1. 歯の外傷

歯の外傷には、破折や脱臼などがあります。 脱臼は、できる限り早急に処置を行なうことが大切なので、まずは近隣の歯科医を受診してください。抜けた歯は、生理食塩水や牛乳などに浸して保存してください。それらがご用意できない場合は、そのまま口の中でも結構です。何よりも、歯を乾燥させないことと、早急な処置を行うことが大切です。

2. 裂傷、挫傷

口の中や顔に切り傷・擦り傷を負った場合の処置です。 切り傷は縫合が必要です。また、擦り傷は傷口に砂などが残っていると傷跡が目立ちやすくなるため、洗浄などの適切な処置を行うことが必要です。

ページトップへ