入れ歯

入れ歯

入れ歯治療

歯を失った場合の治療法として、差し歯、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどが上げられます。
当歯科医院ではインプラント同様、入れ歯治療にも力を入れております。患者さんとの十分なカウンセリングを行い、患者さんに一番合った治療法をおすすめいたします。

入れ歯治療というと「古くさい」「すぐに落ちる」「硬いものが食べられない」「見栄えが悪い」などマイナスなイメージを持たれている方がたくさんいらっしゃいますが、近年の入れ歯は精度も良く、丈夫で審美性にも優れてきております。
また、様々な材質が用いられ、十分な快適さも得られるようになってきております。噛みしめる、食事を味わう、喋る、笑う、など入れ歯は身体の大切な一部となります。

入れ歯治療のメリット

  • 種類によっては保険適応のためインプラントに比べて安価です。
  • 着脱式のため磨きにくい部分も清掃しやすいです。
  • 残存歯にかかる負担がブリッジにくらべると少ないです。
  • インプラントのように大きな手術をする必要はありません。

総入れ歯

総入れ歯

歯が1本もない場合は「総入れ歯」を使用します。歯茎、粘膜で入れ歯を固定することになります。固定する方法には入れ歯の材質や種類が関わってきます。レジン床、金属床、などがあります。

 

部分入れ歯

部分入れ歯

入れ歯の種類として、部分的に歯が欠けたところに義歯をはめ込む「部分入れ歯」があります。入れ歯を支えるために天然の歯に金属の爪(クラスプ)を掛けて固定します。爪(クラスプ)は天然の歯に負担をかけます。

 

保険の入れ歯と保険適応外の入れ歯の違い

部分入れ歯や総入れ歯の治療を始める前に、保険診療で受けるか、保険適応外の自由(自費)診療で受けるかを選択していただくことになります。
保険診療の特長としては、費用負担が少ないことが挙げられます。
一方で自由診療の特長は、入れ歯の材料の選択肢が広がることが挙げられます。どちらが適しているかは、患者さん一人ひとりによって異なります。
ここではそれぞれの特徴についてご紹介します。

  保険の入れ歯 保険適応外の入れ歯
素材 歯科用プラスチック(レジン)に限定される。部分入れ歯は金属バネ付きのものに限る。 コバルト、チタン、ゴールド、弾性樹脂など
費用 保険適応で安価 高価
使用感
  • 噛み心地があまりよくない
  • 装着時の違和感に慣れるまで時間がかかる
  • しっかり噛める入れ歯になる
  • 軽く薄いものがつくれる
  • 装着感もよい
  • 食べ物の温度が伝わりやすいものもできる
耐久性 低い 高い
審美性 入れ歯とわかりやすい 見た目のよさを追求できる
製作日数 1ヶ月程度で完成する 種類によって異なるが 約2~3ヶ月かかる
修理・調整 壊れやすいが修理も簡単 壊れにくいが修理困難なものが多いが、修理が出来ないわけではない
保険適応の入れ歯
保険適用の入れ歯

保険の入れ歯は安価に短時間で作成することができます。
コストパフォーマンスを考えている方は、ぜひご相談ください。

詳細を見る

保険適応外の入れ歯
保険適用外の入れ歯

保険適応外の入れ歯はその人にあった入れ歯を作成することができます。あなたにピッタリ合う入れ歯をご希望の方はぜひご相談ください。

詳細を見る

ページトップへ